自分で行う顔脱毛にはしみや黒ずみなどのトラブルのリスクが

 

自分で行う顔脱毛にはしみや黒ずみなどのトラブルのリスクが自分で顔脱毛を行う場合、肌に負担をかけることでしみや黒ずみのリスクが高まります。なぜしみや黒ずみができるのかというと、肌に与えた刺激が肌中のメラニンを増やすからです。メラニン色素は元々肌を守るために生成されるものであり、外的刺激が加わると生成される量が増加します。メラニン色素が増えすぎると排出が追いつかなくなって肌に留まる分が増えますので、その結果色素沈着が起こります。自己処理ではこのようなリスクが高く、気付かないうちにこれらのトラブルが段々と酷くなることもあります。特に顔は皮膚が薄くてとてもデリケートですので、刺激には弱いパーツです。

 

顔脱毛を自分で行うのは危険ということで専門の施設で施術を受けることになりますが、その場合は顔にも優しい施術で安心なのがサロンで行われている光脱毛です。光脱毛はムダ毛の黒いメラニン色素に反応する特殊な光を使って毛根部分の再生組織にダメージを与える方法ですので、産毛のようなムダ毛にはあまり効果が得られないとされてきましたが、現在では十分な効果が得られる機器が多くの施設で導入されていますので問題なく処理が行えます。

 

自分で行う顔脱毛にはしみや黒ずみなどのトラブルのリスクが

 

光脱毛で処理を行うと痛みがかなり小さいので、痛みに弱い人も安心です。顔は神経がたくさん通っているパーツですので刺激の強い施術では痛みが大きくなって途中で断念するようなケースも出てきますが、光脱毛ならその心配はありません。出力の弱い方法ですので、その分肌への負担も小さく済みます。元々優しい施術ではありますが、顔に対して行う場合には弱めに設定することが多いので、そうすると少し多めの回数が必要となります。

 

照射される光で得られる効果はムダ毛を無くすことだけではありません。肌中の潤い成分であるコラーゲンを増やすことで水分を抱えておく働きが強化されて、水分と油分のバランスがちょうど良くなります。バランスが改善されると肌細胞の働きが活発になって、生まれ変わりが促進されます。古い細胞の排出もスピードアップされますので、トラブルを抱えた肌細胞もどんどんなくなります。この働きがしみや黒ずみを改善するのに役立ち、毛穴を引き締める効果もありますのでキメも整います。美肌作用が得られる方法ですので自己処理で肌トラブルを起こしてしまった後にも最適であり、何度も受けていくうちに少しずつ肌コンディションが良くなります。脱毛と美肌のダブルの効果で現在主流となりつつある方法です。